上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事一覧


あまりの蔵書の多さに、とうとう自炊生活を初めました。

裁断機は、定番のプラス PK-513L。スキャナーはScanSnap S1500。

厚さ15㎜以内に解体するために、切りだしナイフと直尺を。
スキャンした書籍を入れるためのビニール袋とセロハンテープを。
解体した本。スキャンした本などを揃えるためにブックエンドを4つ買い込みました。


とりあえず、学生の時に買った雑誌を自炊してみましたが、なかなかいい感じです。


解体する場所。裁断する場所。スキャンする場所をもう少し考えると効率よく自炊できそう。


さぁ、蔵書をすべて処理するのにどのくらい掛かるのでしょうか?



あなたは、ソフトを起動するとき。どうしていますか?



スタートメニューからソフトを探して起動していますか?
もしそうならランチャーソフトを使ってみましょう。



わたしはランチャーソフトに、Claunchを使っています。



Claunchは、ランチャー本来の使い易さと、軽さを追求したボタン型のランチャーです。

特徴は、画面コーナーへのマウス移動やデスクトップのダブルクリック、ホットキーなど、自由に選択して表示できます。

マウスポインタをランチャーウィンドウの外へ出せば直ぐに消えるので、作業の邪魔をしません。

ショートカットキー、ホットキーをサポートしているので、キーボードだけで操作することもできます。

ページ単位でグループ分けができ、マウスホイールの回転でページを切替えられます。

ページごとにデザインを変えられるので、目的のページを一瞬で見分けられます。

相対パス指定に対応しているので、USBメモリに入れて外出先のパソコンでも使用することが出来ます。

アイコンキャッシュ機能によりボタンの登録数が増えても素早く起動できます。


わたしは、Claunchの起動はホットキーで。
デスクトップパソコンは、Ctrlキー+テンキーの9で。ノートパソコンは、Ctrlキー+]キーで起動するようにしています。

いつも使うソフトを登録することで、素早く起動することで来ますよ。



Claunchのダウンロードは、こちらからできます。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA018351/


記事一覧


スポンサーサイト

記事一覧


民主党の岡田幹事長は、震災復興のための11年度補正予算の財源を巡り、法人税5%引き下げなどが盛り込まれた税制改正法案を見直す可能性があるとの認識だそうです。

岡田氏は「(法案には)所得税控除の見直しや法人税減税などが含まれている。民主党だけでは参院で可決できないので、野党とどれを取り、どれを取らないのか議論する。減税額を減らして復興資金に充てることもあり得る」とのこと。

経団連が気に入らないでしょうね。



信です。

あなたは定期的にデフラグをしていますか?



デフラグをしないとファイルが断片化し、HDDの中のあっちこっちに散らばるため、パソコンの動作が遅くなります。



ですが最近の500Gとか1TのHDDを、Windows付属のデフラグツールでデフラグすると、何日も掛かったりします。



そんな大容量のHDDをデフラグするときは、デフラグ専用ツール。Defragglerを使ってみましょう。


Defragglerは、ドライブ毎。だけではなく、ファイル毎。フォルダ毎でもデフラグをすることができるのが特徴です。


例えば、断片数1000以上のファイルだけデフラグする。
ファイルサイズが10M以上のファイルだけデフラグする。といったことが簡単にできます。


500Gとか1TのHDDを使っている場合。
ドライブ全体をデフラグしたら、何時間。ヘタしたら何日もデフラグが終わらない状態になります。
しかし、Defragglerを使えば、ファイル単位。フォルダ単位でデフラグが出来るので、本当に必要なファイルだけデフラグができます。



Defragglerは外国のソフトですが、日本語化がされているので、使いやすいと思います。

Defragglerは、こちらからダウンロードできます。
http://www.piriform.com/defraggler


記事一覧


記事一覧


中国が国内の需要拡大に対応するため、穀物および綿花の輸入経路拡大を計画しているそうです。
米国から大豆および綿花を輸入していますが、昨年インドとウズベキスタンからの綿花の輸入を増やしたり、トウモロコシに関してアルゼンチンと交渉中とのこと。


中国が、将来世界中の食を買い漁るようになったりして。
その時日本はどうなるんでしょうね。



信です。

あなたはバックアップはどうしていますか?



わたしは、RealSyncを使ってミラーリング。バックアップをしています。



パソコンが起動しなくなったとき。間違えで大事なファイルを消してしまったとき。バックアップを取っておけば。。。と後悔するときがあります。

しかし。後悔先に立たず。

そうならないようにバックアップを定期的に取りましょう。



わたしのバックアップの取り方は、USB接続の1.5T外付けHDDに、RealSyncというソフトを使ってミラーリング。バックアップを取っています。

RealSyncは、2つのフォルダをミラーして同一内容にするツールで、このソフトを利用することで、フォルダの同期を取ることができます。

また、更新されたファイルだけをコピーするため、高速で、一定時間ごとに更新することができます。


このRealSyncを使って、Cドライブ。Dドライブを全部1.5Tの外付けHDDにコピーし、ミラーリングしています。



RealSyncのダウンロードは、こちらからできます。
http://www.takenet.or.jp/~ryuuji/realsync/


記事一覧


 | Copyright © 信ちゃん日曜百姓 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。