上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事一覧


政府の「社会保障・税に関わる番号制度に関する実務検討会」は2011年6月28日、社会保障・税番号大綱の案をまとめた。国民一人ひとりに年金、医療、介護保険、福祉、労働保険、税務を主な用途とする共通の番号を割り振るそうです。

番号制度を導入する理由について「従来、高額所得者に対する所得の補足といった観点から議論されることが多かったが、今回導入する番号は主として給付のための番号として制度設計する」「医療・介護等のサービスの質が向上する」「事務・手続きが簡素化する」「災害時に活用できる」といったメリットを挙げる。

番号制度には「付番」「情報連携」「本人確認」の三つの仕組みを必要とする。付番する番号については、「国民一人ひとりに一つの番号が付与されていること」「全員が唯一無二の番号を持っていること」「目で見て確認できる番号であること」などとしている。

個人が番号を利用する際に、利用者が本人であることを証明するための仕組みである本人確認については、ICカードを利用するとしている。ICカードの券面に基本4情報と呼ぶ氏名、生年月日、性別、住所と顔写真を記載し、ICチップに番号を記録する。

法案は今秋以降に国会に提出する計画で、2014年6月に番号の交付を、2015年1月に社会保障、税務の分野の可能な範囲で番号の利用を始めたいとしているそうです。



番号制度の導入に6100億円程度掛かるそうです。

震災復興でお金のない時に。今すぐする必要があるのか。と言う気がしますが・・・

社会保障を権利ではなく納めた税・保険料に基づく対価に変質させ、国や企業の責任と負担を後退させるのがねらい。と言う話しもあり、社会保障を民間の保険商品と同様に扱い、もっぱら税や保険料の取り立てを強化し、給付やサービスを削減するために番号制度を導入したい。と言うことだそうです。

社会保障番号を導入しているアメリカでは、番号の盗難など年間20万人が「なりすまし被害」にあっており、国民の個人情報・プライバシーの保護からも慎重な検討が必要ですね。




信です。

今回は研修のレバレッジメモです。
もし気付きがありましたら、気軽にコメント下さい。



無縁社会。人のつながりを大事にしない社会。出会いを大事にしない。

人を大切にする。出会いを大切にする。子供といい人間関係を作る。役に立つ。人に喜んで貰う。思いやりを持つ。感謝する。

自殺する人。最後に誰も顔が浮かばなかったのか?

合併などで、規模が大きくなると、効率がいい。本当は、繋がりが薄くなる。小さくてもキラリとひかる。

本物。いい物を作る。人を大事にすることが大事。

大きくなるだけじゃなく、足元を見つめる。大量生産。大量出荷はダメ。こだわりが大事。

外と繋がることが大事。食と農を通じて地域と繋がる。

地域主権の時代が来る。買い物難民。弱者。山奥の店が無くなる。車のない人は買い物できない。600万人。

目先の利益に追われている。株価。経営基盤。自己資本とか。今日だけじゃなくて明日のことも考える。

忘れることのひずみ

人の成長を図る物さし。知識・技術。情。人を思いやる。愛情。意識。考え方。

本質。根っこが大事。川下。目先を解決しても対処療法。川上を解決する。

理想と本質は違う。本質は、基本の所。最も当たり前。大事にすること。

理想と現実の間に、本質がある。本質が理想に見えるくらい現実が下がっている。

そもそも。なんのために。本質を問う。

農業は、そもそも、消費者の健康のために。生命のために。だから安全な物を。医学的なこと。栄養とか。作る人。産地。売る方法。医食同源。

向こうの人。繋がる人も考える。

地域愛。舞台。仕事は、定年ある。家族。趣味。地域社会。生まれたところ。生活しているところ。仕事をしているところ。定年ない。

向こう側に人がいる。役に立たなきゃいけない。見えていないといけない。誰に対して仕事をするか。有難うって言われる。目的。



人の役に立つ。大事なことですね。


あなたの気付きも教えて下さい。


記事一覧


スポンサーサイト

記事一覧


松葉づえを病院に返しました。
少しずつ健常者に戻っています。

早く山に上がって仕事したいな。
草刈りと摘果をしなくては。



信です。

今回は愛媛県五色のレバレッジメモです。

もし気付きがありましたら、気軽にコメント下さい。





カンキツ農家10名。標高300mから350m。大津4号、年明け出荷。1月中旬から3月上旬。

2年前の暖冬で、腐りが多かった。去年167円した。他は30円くらい。

雪は降らない。4年くらい積もっていない。

ブドウが中心。

価格は話をつけて売っている。折コン。特選品は、1級の秀と優で、糖度12度以上。酸度1%以下

かん水はクーラーで。防腐剤は、ベフトップジンかベフランとベンレート。

枝別摘果。後期摘果。

北条は甘平多いが、五色はない。




あなたの気付きもお気軽にコメント下さい。


記事一覧


記事一覧


わたしは急傾斜の中山間地で、大規模化なんか出来るところではないのですが。。。

山から降りるときに滑って左腓骨を骨折してしまいました。


整形外科医の見立てでは二三日して腫れが引いたらギブスにしよう。それまでは添え木で。と言うことなのですが、もう四日。腫れが引きません。


急傾斜地の農作業は危険と隣合わせなのを今さらながらに身にしみます。

このリスクをどうするか。
考え中です。



信です。

今回は愛媛県果樹試験場のレバレッジメモです。

もし気付きがありましたら、気軽にコメント下さい。



紅まどんなは屋根掛けなどの施設で。甘平のM16の高接ぎは落ち着く。

紅まどんな県全体で70ha。愛媛中央50ha。施設は10ha。ハサミ入れは12月。伊予柑までに。糖度11.5度目標。一ヶ月おけば13度以上になる。

せとかは施設から始まったから高い。紅まどんなも。施設なら果皮障害大丈夫。10aで4t取れる。

トゲは落ち着いたら無くなる。春にビニール除ける。
10月10日過ぎにビニールを掛ける。

かん水は後半やらない方がいい。9月まで。水田転換園で8月まで。

みかんで美味しいところが適地。乾くところ。樹。場所によってのバラつきはない。かん水でバラつく。

甘平は、初成りで割れる。摘果少ないと割れる。双海の北向きは割れない。高接ぎより苗木の方が割れない。土壌水分の急激な変化で割れる。

甘平が割れるのは品種特性。2割まではいいのでは。温度。湿度が8月から9月高ければ割れる。

夏秋梢処理は、かいよう病が入っているものはのける。春先。花を見てから処理する。

隔年結果する。着果過多は隔年結果する。7月に粗摘果する。

樹にタイベックを掛ける。果皮障害防止。遮光するので、ビニールと比べて温度上がらない。


ひめのか。愛媛9号。大津4号の珠心胚。色早い。収穫早い。11月末から2月上旬。隔年結果する。

年内収穫ならひめのか。ひめのか。色。味。浮き皮。樹勢がいい。トゲある。

川田温州。ウィルスフリーがある。美味いけど作りにくい。摘心いる。かいよう病多。隔年結果する。石地より美味い。年内収穫できる。



あなたの気付きもお気軽にコメント下さい。


記事一覧


記事一覧


宮城県知事は14日の災害対策本部会議で「県民全体が食料不足になっている」との厳しい認識を示し、食料と燃料、水の確保に全力を挙げるよう指示したそうです。
絶対的に食料が足りず、飲料水、炊き出し用燃料、暖房用燃料、使い捨て食器、タオルケットなどが不足している。と。

水と食は、生きていくために欠かすことができないし、まだまだ寒いです。



信です。

今回は愛媛県の興居島のレバレッジメモです。

もし気付きがありましたら、気軽にコメント下さい。



簡易ハウスでデコポン。反当90万くらい。ビニール込みでできる。

農家手取り500円。糖度14度から15度。酸0.8%以下。5月連休明けまで出荷。個人荷造り。一個づつ袋に入れ葉付きで。

ビニール2年使える。

剪定は収穫後。雪積もらない。冷害ない。

2m50から3mの間口。

風強い。ビニールはパッカー止め。ビニールが飛んで、パイプに来ないように。

ビニール12月から5月まで掛ける。樹によって隔年結果する。量が多いと来年少なくなる。

パイプを樹に縛る。樹が一番強い。

2t500㎏から3t出荷。

興居島で力を入れているのは、伊予柑。南津海。せとか。デコ。せとかは、200tある。

ハウスは、デコと紅まどんな。紅まどんなは10月から収穫までビニールを掛ける。

間口2mならクロスさせる。

ビニールは除ける。置いておくとボロボロになった。2年で元を取る。

露地だと2年で80万。ハウスだと2年で200万。

販売はバラ撒いてない。スーパー一社。

蒲郡が増えるのでは。熊本は2月に葉付きデコで出している。遅くに出してこない。

5.5mのパイプを買って、自分で曲げる。

垣根仕立てのデコで、10a550本5tくらい。

糖度12度目標なら水をやってもいい。15度16度を目指すのなら節水する。簡易ハウスと出す時期は違う。不作樹が出てきた。



興居島は積雪がないようなので、簡易ハウスでももつみたいですが、わたしの所では年数回積雪がありますから。。。

でも、デコポンを5月まで出荷できるのはいいですね。


あなたの気付きもお気軽にコメント下さい。


記事一覧


記事一覧


信です。

今月は風邪引いて、治った。と思ったら、ぶり返して。また治った。と思ったら、ぶり返す。を三回続けました。

一日は40度まで熱上がるし。
ボロボロです。


今回は愛媛県の三崎のレバレッジメモです。

もし気付きがありましたら、気軽にコメント下さい。

10年前600ha。H21年320ha内150ha清見80haサンフル80haデコポン。65歳以上50%。H20年20代1名30代9名40代40名50代90名全員300名

清見特選5ha。2月10日~3月上旬。マルチ糖度12度10月末までに部分マルチ。

清見出荷は4月まで引っ張る。

デコポン。西宇和のカリを減らした肥料。3月5月6月1㎏から2㎏のカリで7月から8月。一週間おきに20㎜かん水。

清見は日焼けしやすい。デコポンは日焼けしにくい。

ぶらぶらハウスは、温度が上がるのでデコが出る。遅れ花もデコが出やすい。デコの収穫は、1月20日~紙袋の方がいい。穴を開けて、水が抜けるようにする。

清見の袋掛けは11月10日~早期摘果。葉果比60位。最終的に100位こはん症対策にスイカルを一週間毎に3回くらい。

平成22年は雨が多く露地の水腐れのロスが多い。4割くらい。いつもは、4%~5%くらい。今年は、共選で10%は落ちた。

冬風が強いので、ハウスは無理。風速15mから20m。

清見は3月15日発芽。平年より早い。3月末の低温で被害あり。樹によってベタ花。

デコポンは、花少ない。咲いても弱い。春先の低温響いた。

鳥の被害多い。緑の紙袋は食べない。半島をつたって渡る。10月に入ったら。

水腐れ対策は、着色期11月下旬から12月上旬にジベレリン1ppmを散布。ただ、デコポン。はるみには登録がない。

青島は、ジャスモンサン。浮き皮にならない。水腐れ防止。今年分場で試験するかも。

せとかのマルチは意味なし。

中晩柑。一ヶ月で1度から1.2度上がるのなら樹に負担はない。



あなたの気付きもお気軽にコメント下さい。


記事一覧


 | Copyright © 信ちゃん日曜百姓 All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。